その芸術性の裏に隠された愛の物語・タージマハル

インドの首都デリーから鉄道で約2時間、インドの北部のアーグラにその白亜の霊廟はあります。そう、まるでアラビアンナイトの宮殿のようですが、霊廟なのです。その建造物には信じられないような純愛物語と、愛ゆえに建立にかける情熱が作り出した最高峰の芸術が秘められています。その秘話から、この魅力的な世界遺産を紐解いてみましょう。

建設までの物語

ヒンドゥー教で知られるインドですが、イスラム勢力が支配、安定していた時代がありました。その16世紀初頭から300年続いたムガル帝国で、この建造物と物語は生まれます。タージマハルがイスラム様式の建築であるのはそのためです。時の五代皇帝シャー・ジャハーンは本当に妃ムムターズ・マハルを大切にしていました。

その愛妃が1631年に逝去してしまったことから、この霊廟の建設が始まります。ムムターズの遺言のひとつであった霊廟の建立、その約束を果たすためにシャー・ジャハーンはその時の持てる財力、時間を全て投じてしまいます。その結果、国が立ち行かなくなり、息子に幽閉されてしまうのですが、それでもこの美しい霊廟が芸術的な世界遺産として、いまでは世界中の観光客に愛されるようになったのですから、物語は悲しいだけには留まらず、愛は愛を呼ぶと言えるでしょう。

愛ゆえの莫大な投資が産んだ芸術性

タージマハルの芸術性をつぶさに感じられるのは、まずは徹底的なまでに世界各地から選りすぐりの宝石宝玉を取り寄せていること。それらで描かれる精緻な幾何学模様、象嵌細工を、あの遠くからは白亜に見える霊廟が内包していることでしょう。中国からの翡翠、水晶。スリランカからのアメジスト。アフガニスタンからはラピスラズリ。ブンデルカンドから、ダイヤモンド。ざっと見るだけでも驚きの高価さとこだわりですが、なんと計28種類にもおよぶ、宝石、宝玉が使われたのです。

また、それを加工する熟練した技術者も必要でした。そして中央ドームが高さ約70m、4本のミナレット(塔)は40m以上という巨大な建造物を造る建材はインド中から1000頭以上もの象を使って運ばれたのです。なにより、白亜であるのは、総大理石であるから。愛妃ムムターズへの果てなき想いは、無謀ともいえる行動力で、この地上天国を捧げることに全てを投じたとも言えます。

ふたりの愛の物語

そんなふたりの愛の物語は、当時の皇帝と愛妃には珍しいような純愛ドラマでした。シャー・ジャハーンは他の王のようにハーレムをつくることも、複数の妻をめとることもなかったのです。そして外征にさえムムターズを伴い、文字通りいつも一緒の夫婦でした。結婚生活18年の間に14人のこどもをもうけ、ムムターズは亡くなる前には「新しい妃をめとらないで」とお願いしたそうです。

しかしそれどころかシャー・ジャハーンはふさぎこんでしまい、一週間は公の場に姿を現さず、2年に渡って宴を催すことをしなかったそうです。喪が明けてすぐにタージマハルの建造にとりかかり、全てを捧げ尽くして息子に幽閉されてしまったため、本当なら、対になる黒大理石の自分の霊廟を建立することはかなわなくなってしまいました。

それゆえ、ムムターズの横に埋葬され、完璧な左右対象建築として建てられたタージマハルのその部分だけ非対称なのだそうです。幽閉されたアグラ城から白亜に輝くタージマハルを眺め愛妃に想いを馳せる晩年のシャー・ジャハーン。タージマハルと共に、語り継がれる永遠の愛の物語です。

その輝く白さの魅力の味わい方と、その白さを守るために

タージマハルの写真の代表的なものは白亜のドームが青空に映えているものですが、その白さと造形美を味わうために、早朝に訪れて朝陽に輝くタージマハルを味わったり、また満月の夜に限定で公開されているそうなので予約を入れてロマンチックな満月のタージマハルを味わうのもすてきです。

タージマハルのその白さを守るために、排気ガスの出ない電気自動車をその周囲の郊外で専用として観光客用に採用し、また霊廟では靴カバーをつけるか、靴をぬぐことが義務になっています。美しい空に映えるその白さはこうして守り続けられているのですね。いかがでしょうか。

紐解いて行くと素晴らしい芸術性がどう築かれたか、そこに隠された愛とロマンがみえてきます。ぜひ現地で雄大な白亜のドームを眺め、微細な細工に感嘆し、ふたりの物語を感じてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です